日本一のgeekDBを作る!

  • 2008/05/28(水) 00:00:00

ことに決めた。
わたしは、にほんいちのギークデータベースを作る。


今日読んだ近藤さん@はてなのインタビュー記事ブコメが気になった。


技術者には一般受けをするサービスを作る事は絶対に出来ない。
これを理解しない限り1000万どころか100万も無理。
こんな簡単な事が何でわかんないんだろう?



近藤さんは、「国内で1000万人に使ってもらえるサービスを作りたい」 という。
月並みな励まししか出来ないけど、本当に本当に、頑張って欲しいと思っている。

でも、1000万人のうちの1人になるかもしれない私の友達は、近藤さんのことを全く知らない。
きっとはてなも知らない。もちろん、近藤さんがこんな風に悩んでいることも。

なんだろなあ。私は結局、身近な人に自分の好きなことを伝えたいだけなのかもしれないけど。
でもその結果、近藤さんを応援する人がちょっぴり増えたりして、したらばしたらば、
近藤さんもピコーンって新しいひらめきを得るかもしれなくて。
そうなったら楽しいよね(・∀・)


うし!決まった!!
長い道のりになりそうだけど、これはきっと楽しい。wktk してきた。
wiki とかで企画書作った方がええんかの?要検討><
とりあえず以下に、現時点でのイメージをざっくり書いてみる(`・ω・´)



日本一のgeekDB計画


■サービス名 : geekDB(仮)
→シンプルイズベストなのでこれでいこかなと思っている。


■サービス概要 : 日本のギークたちのプロフィール集
→最初は20人くらいにして、徐々に追加ってのがいいかしらん。
→wikipediaぽいクールな紹介もいいんだけど、コンパイルボタンぽいのを付けて
 「Geekってなに?」 ていう人たちへの分かりやすいページも作りたい、かもかも。
 でもそれだと1人につき2ページ必要だしなぁ・・・むむむ。


■Geekの定義 : Blog等で情報発信している著名プログラマ・有名サービスの開発者
→これがわりと悩ましいところ。
 私が思いつく人といったら、やっぱりググって見つけられる人だけになっちゃうし(´・ω・`)
 本当はもっともっと、私の知らないところで活躍している人もいるんだろけど、捜せないしなぁ。
 それに、ご本人の意思もあるし!「載せちゃいやん><」て人はもちろん載せない。
 失礼のないよう、事前にちゃんと確認を取らなければ。


盛り込む内容としては、
・名前
・サイト(blog)URL
・代表サービス
・人物概要
・インタビュー記事や著書の紹介
・経歴


あたりかな?連絡先や所属してる会社とかどうしよう。微妙なラインだ。
って、そんなことより!いっちゃん大事なこと忘れてた!!
これはあれか、PHPだけじゃなくてMySQLも使うのかな?
確か本棚の奥のほうに 『MySQL入門以前』て本があったな・・・。買っただけでやってない・・・。
遠い記憶をたどると、あの中にデータベースがどうのこうのと書いてあったような。[あとでよむ]



とりあえず!モチベーション上がってきたので明日から本気出す(`・ω・´)
ちょ!ホントだって!前も同じこといった気がするけど、今度はホントにホントなんだってば!!
くそう・・・見てろよおまえら!!!(誰?) ぎゃふんと言わせちゃるんだから><



さっきスカイプであきやんを見掛けたので、さっそく掲載して良いか聞いてみたら、
事前確認するならOKて言ってくれた!いやっほう!!
そうそう。今月あきやんの誕生日があってさ。一緒にアボカド料理のお店に行ってお祝いしたんだ♪
全部アボカド料理!デザートのアイスまでアボカド!おいしかったまた行きたいヾ(*´∀`*)ノキャッキャ


  

LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

DBにこの人を加えてください。

人の2〜3倍は仕事が速かった、と評判の元派遣会社社員、星島貴徳容疑者(33)
はじめまして♪vlog:lovecall.jpはとても面白いです。

お初です

MySQL入門以前、2年ぐらい前けんすうに進められて買いましたがDBの概要を理解するのにちょうどよかったですよー。深く読むよりも、さらっと進めてしまった方がよいかもです。

OSPN

http://ospn.jp/
こういうのもあります。

初コメ!

きょんぴですー!
MySQL入門以前、きょんぴは半分ちょっとこなして止まってますが、DB操作の感覚がなんとなくわかって面白いですよ!!

ふと

いきなりのコメントごめんなさい.

そのサイト,はたして誰が利用するんでしょうか?
・名前
・サイト(blog)URL
・代表サービス
・人物概要
・インタビュー記事や著書の紹介
・経歴
ではわざわざ見にくる価値があまりない気がします.
もっとオリジナルの企画,たとえば何人かのgeekを呼んで対談してもらったり,あるいは新しいサービスを紹介する場として提供したり,そういった他にはない要素があるとよい気がします.

秘密のコメント

ブログ管理人への秘密コメントです

  • 投稿者: -
  • 2008/05/28(水) 10:00:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する