(前略)cygwinを使ってみた〜Poderosa編〜

  • 2008/11/29(土) 00:00:00

日記

新はてブいまだに慣れない。



Poderosa を使って Cygwin を起動し、git で管理しているサイトのファイルを更新する

これまでのあらすじ:(前略)cygwinを使ってみた〜インストール編〜

無事に cygwin のインストールが完了した。
更新するにはもうひとつ、Poderosa という専用のターミナルが必要らしい。

Poderosa は、タブ式 GUI・SSH2 をサポートしているオープンソースの
Windows 用高機能ターミナルエミュレータです。

Poderosaとは

ダウンロードはここから。
Poderosa ダウンロード

前回インストールした Cygwin は、Poderosa から起動する。
なので、Poderosa のショートカットを作っておくと便利だね(・∀・)

Poderosa での Cygwin の起動〜終了、SSH でのアクセス方法については
下記サイトがめちゃんこ分かりやすいのでご覧あれ┏○
PoderosaおよびCygwinの利用方法について


準備が整ったらいよいよ本番! 実際の更新までのフロー(。・д´・。)ノ
・・・の前に、基本的なコマンドだけ整理しておく。

cd hogehoge
 // hogehogeに移動

pwd 
// 現在の場所を確認

ls 
// ファイルの中身を確認

ls -l
 // ファイルの中身を詳しく確認

v+Tab
 // v で始まる名前を補完してくれる。複数ある場合は2文字目まで打って絞り込み

この辺りを把握しておくとかなりラク。無駄に費やす時間をダイエットできる(※効果には個人差があります><)
とはいえ、実際に使うコマンドは、コマンドプロンプトの時と全く一緒だったりする。よかた(´∀`)
ココと同じことをやるよ!:Railsを知らない私がgitを使ってみた


まずは前回同様、git と入力。すると、やっぱりズラーっとなんか出てくる。

さて、私はどこにいるのかなぁーと。


admin@*****
$ pwd
/home/admin



OH、ほーむあどみんか。じゃあ移動。


admin@*****
$ cd hogehoge



一応、場所を再確認。( pwd したいだけ)

admin@*****
$ pwd
/home/admin/hogehoge



うし!ばっちり♪
次は、git status で変更したファイルを確認。


admin@*****
$ git status
# On branch master
# Changed but not updated:
# (use "git add ..." to update what will be committed)
#
# modified: ファイル名
#
no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")


そうそう、それそれ。それを今度はローカルでコミット。


admin@*****
$ git commit -a -m lovecall(適当な名前)
Created commit *****: lovecall
1 files changed, 2 REPLACEions(+), 2 deletions(-)


でけた(゚∀゚)
これを git push すればいいんだけど、例によって失敗したので git pull


admin@*****
$ git pull URL................

remote: Counting objects: 9, done.
remote: Compressing objects: 100% (5/5), done.
remote: Total 5 (delta 3), reused 0 (delta 0)
Unpacking objects: 100% (5/5), done.
From URL................
* branch master -> FETCH_HEAD
Merge made by recursive.
*****.** | 6 +++++-
1 files changed, 5 REPLACEions(+), 1 deletions(-)

?おぉっ!1 files changed くん!会いたかったよ!どうやら大丈夫そうだ。
そだ。一応、しくじったときのメッセージもメモしとこう。

admin@*****
$ git push
To git+URL...............
! [rejected] master -> master (non-fast forward)
error: failed to push some refs to 'git+URL..............

rejected(´・ω・‘)


あらためて、git push にトライ!


admin@*****
$ git push
Counting objects: 18, done.
Compressing objects: 100% (10/10), done.
Writing objects: 100% (10/10), 990 bytes, done.
Total 10 (delta 8), reused 0 (delta 0)
To git+ URL..................
0****..0**** master -> master

いけたっぽいヾ(*´∀`*)ノキャッキャ


ここまで出来たら次は SSH 接続。
上で紹介したサイトのスクリーンショットを参考に、画面を切り替えて作業する。

SSH の方は cd でディレクトリを移動して git pull するだけ。
ブラウザで F5 押したらちゃんと変更されてるよ!やたーーー!!



お疲れちゃんでしたっ。


LINEで送る

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する